実績・事例紹介

【歯科クリニック】片づかない原因をたどったら・・・「自由な時間」が生まれた!

 今回ご紹介するのは、北海道にある歯科クリニック経営者の事例。

 書籍を読んで問い合わせをくださったその男性のお悩みは
 「自宅の書斎が片づかない」「忙しくて片づける時間がない」
 というものでした。

 自宅にうかがうと、確かに山のような書籍の数々。

 いつも通り、まずはヒアリングからコンサルを始めてみると
 書斎が片づかない原因があきらかになってきました。

 とても勉強熱心で、情報収集にも余念がないこの方の自宅には、
 毎月大量の書籍が届いていたのです。
 定期購入の雑誌、会報誌、経営者向けの情報誌etc・・・

 そこで、一度、1カ月でどのくらいの書籍が届くのか
 リストを作り、可視化してみることに。

 その時点であらためて要・不要を判断し
 不要なものは登録解除、つまり「元を断つ」方法を取りました。

 さらにヒアリングをしていくと、また新たな一面が。

 「地方にいるため黙っていても情報が入ってこない」という思いから
 つい、手当たり次第“書籍の収集”や“勉強会への参加”を
 してしまうという「習慣」があったのです。

 すると、勉強会で配布されたテキストや資料が増えるだけでなく
 都心に出たついでに・・・と、大型書店でまた書籍を買ってしまう
 という悪循環。

 勉強会に行くたびに読むべき本が増え、
 スペースはおろか、プライベートの時間までもが
 ほとんど埋め尽くされていく現状。

 そこで今度は、「勉強会」も一度ふるいにかけ、
 本当に行くべきものだけを厳選しなおしてみることに。

 すると、あれほど無いと思っていた「時間」が生まれたのです。

 自由な時間が生まれたキーポイントは2つ。

 まず、モノが増え続ける「元」を断ったことにより、
 片づけるべき対象が少しずつ減り、適量になっていったこと。

 そして、モノに限らず、勉強会など自身の行動も「取捨選択」を
 意識するようになり、外出が減ったこと。

 結果、ゆとりの時間を身の回りのマネジメントに
 あてられるようになっただけでなく、
 クリニックの経営のことについてなど、
 本来じっくりと時間を取るべき課題にも
 取り組むことができるようになりました。
 もちろん、当初の目標だった書斎は、見事にスッキリ!

 続けて、スタッフ向けの指導も!と、ご希望いただき
 後日、クリニックのスタッフを対象とした片づけセミナーを
 実施させていただきました。

 その後は、モノが多かったカウンセリングルームなど
 院内の片づけにも成功したんだとか。

 「小松さんに見せたいくらいです!」と、
 電話ヒアリングの際に、うれしそうに報告していただけました。

 いかがでしたか? 本が増え続け、なかなか片づかない書斎で、
 ご自身の行動や習慣を見直したことで、「時間がない」という
 もうひとつのお悩みも、解決することができた事例でした。

お気軽にお問い合わせください。

Webからのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-6425-9857平日10:00〜18:00