お客様の声             【経営者かたづけプロジェクト】

新たな習慣を体得しながらいろいろなことにもチャレンジして行きたいと思います

運送会社 役員(女性) 

3ヶ月間、大変お世話になりました。
本当にありがとうございました。
今まで、向き合うことをせずに逃げていた部分に、やっと向きあう
決心をして、望むことができました。
正に、私にとってBESTなタイミングで、小松さんと出会えたと思っています。
「先ずは取り組んでみる」という姿勢は、私にはなかなか難しく、どちらかというと、「やれるな。」と
思えるまで考え・考え・進んでいくタイプでした。
例えると、「石橋を、叩いて……壊す」人だったと思います。
実際始めてみると、一度に長時間向き合う訳ではないので、抵抗感もなく粛々と進めていけました。
ある意味、拍子抜けするぐらい、こんな進みで大丈夫なのか?と思うぐらいにいつの間にかデスクの周りが整って行くことに驚きを感じるほどでした。私は、何でもバッチで処理をしたがるのがこれまでの原因なのだと気づきました。
あとで、、まとめて、、、やるから、今は○○でいいや。。。が度重なって、結果片付かない・片付けられない状況に陥っていたのですね。

50歳を目前に控えて、お恥ずかしい状況をお見せしてでも、取り組んで本当によかったです。
私の中に、片付けるという機能がないのか?と自分を自分で疑っていましたが、付けたくない習慣が付いてしまっていただけだと思えるようにもなり、少し自分に自信を持つこともできるようになりました。新たな習慣を体得しながらもっといろいろなことにもチャレンジして行きたいと思います。
私のデスク周りが整って行く中で不思議だったのは、社長のデスク周りが整っていないことに腹立つ気持ちが芽生えなかったことです。
以前の私でしたら、社長のデスク周りを気にして何かしらのアクションを起こして(嫌みな発言とか…)いたと思いますが、全くと言っていいほど、そのような気持ちにならずに穏やかな気持ちで見守ることができるようになりました。これが、「心の余裕」と言うことなのかと感じております。自分のデスクに後ろめたさを感じずにいられることで、社長に対しても寛容になれているのだと思います。つまり、自分の中で後ろめたさを感じている部分があると、その部分に関して必要以上に反応しているんだと思います。

これからですが、デスク周りには自信を持つことができましたので、このエリアを広げていきたいと思っています。社内では、共有の場所から始めたいと思います。自宅は、まず今すんでいる秩父の家から始めます。
今回の成功体験が得られた秘訣のは、「スケジュール化」と「メールでの報告」だと思っています。自分の頭の中で妄想しているスケジュールだと、ついつい後回しにしてしまいがちで「後から、まとめて、、、」が出てきてしまうので、きちんとスケジュールを立ててこの通りやると宣言して、進捗を報告していくことで責任とやる気を続けられたのだともいます。
この事を通じて、社内の社員教育にも応用できない物かと思案中です。 
新シーズンも、どうぞよろしくお願いいたします。


お気軽にお問い合わせください。

Webからのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-6425-9857平日10:00〜18:00