研修


オンライン研修対応しております。
(オンライン会議ツールはZoom、Microsoft teams、Cisco対応可能です)
お気軽にお問合せください。

建設業や製造業、サービス業の現場でスローガンとして定着している5Sやオフィス・ワークで求められる整理・整頓、ファイリングなど、生産性向上には切り離せないが、実際ほとんどのビジネスパーソンが苦手だと言う「かたづけ」。その不徹底の弊害は「見えないコスト」であるタイムロスに留まらず、職場環境の悪化、心身の不調や仕事そのものの質低下(ミス)につながり、結果としてお客様からのクレームや事故にまで及んでいます。
溢れるモノや情報の中から必要なものを選択し、仕事の質と量を上げるためには、まず「かたづけ」の本質を学び、日々の仕事に組み入れて習慣にすることです。本研修ではそのための知識だけではなく、新しい気づき、考え方、そして着眼点が得られる内容になっております。たかが片づけ、されど片づけ。「かたづけ」が様々な「詰まり」を取り除き、社員一人ひとりの仕事力をアップさせ、職場を活性化するキッカケになります。研修では、具体的に行動を起こすことを第一に考えています。すなわち、「知る・気づく・始める」の3つの研修基本方針に基づいて研修を行います。講演とは違い、講師が一方的に話をするのではなく、ワークを使った双方向の体験型の学びの場となります。

研修風景
研修風景

このような企業様におススメのプランです

  • 社員に整理整頓の意識を持ってもらいたい。
  • 社員研修がマンネリ化している。
  • 物を探す時間を削減し、無駄なコストを抑えたい。
  • 5Sを始めたが、効果を実感できない。
  • 部署間のコミュニケーションをもっと潤滑にしたい。
  • 社内での無駄な業務の把握と削減を進めたい。
  • 部署間で仕事の平準化を図りたい。
  • 新入社員に「かたづけの基本」を伝えたい。

この研修で得られるメリット

  • 楽しく「かたづけ」を学ぶことができる。
  • 社員の環境整備への意識が高まり、自ずと整理・整頓がしたくなる。
  • 社内での無駄な業務の削減を進められるようになる。
  • 片づけメソッドの体系化されたロジックが得られ、仕事に活かせる。

講演・研修の様子は最新情報からもご覧いただけます。

お客様の声

  • 基本的な考え方、実践、職場環境の状況を職員が知ることができたことは、大変大きなメリットになったと思います。
  • 日頃から「片付け本」収集癖?!のある私ですが、目からうろこの研修でした。研修の日は残業必須の超繁忙期でしたが、出席して良かった!と思います

お客様の声をもっと見る

プラン詳細

目安実施時間:3時間〜4時間
【基本・応用・発展コースがございます】

プラン内容の例はこちら

具体的なプログラム内容から、具体的な行動と成果を受講するみなさまに手に入れていただきます。
さらに、せっかく踏み出したモノの片づけが一日で終わらず、継続できるように、続ける意味や意義、メリットを理論的にお伝えさせていただきます。「セルフかたづけプロジェクト」を通して、社員全員がゲーム感覚で理想の片づけゴールを目指して楽しく片づけに取り組めるようになります。さらに、モノの片づけで身に付けた「かたづけ思考」を応用し、仕事、つまりコト、つまり業務・タスクの片づけについても応用できるようになっています。※コト・・・業務・タスク

● 研修内容の種類

研修内容は、ご要望に沿ってカスタマイズいたします。

  • A:【モノ】コース
  • B:【モノ・コト】コース
  • C:【コト】コース
研修料については、研修内容、研修時間(日数)受講者人数などにより料金が異なります。
また、研修料以外に交通費と宿泊料がかかる場合がございます。

お気軽にお問い合わせください。
かたづけ士は全国にお伺いいたします。
オンライン研修も対応しております。

講演・研修実績

(※敬省略、順不同)

JKホールディングス株式会社、FPL証券株式会社、NHK札幌放送局、NHK仙台放送局、SMBCコンサルティング、株式会社TKC出版新宿支部、株式会社TKC東京中央会 中央支部、山形県中小企業団体中央会、 新潟県建設業協会十日町支部、行政書士事務所/水沼崇社会保険労務士事務所、あきたさきがけ政経懇話会、アクサ生命保険株式会社、アステラス労働組合、株式会社イマジンプラス、コンサルタントブレーン株式会社、株式会社サロメ、サンクチュアリ出版、サンケイリビング新聞社、NPO法人 シチズンカレッジ、ジャパン建材株式会社、株式会社ダスキン中央、ダリ・マネージメント株式会社、デーリー東北新聞社、宮崎日日新聞社、株式会社パナ・ケミカル、新社会システム総合研究所(SSK)、ユニティガードシステム株式会社、愛別町役場、横浜市青葉区倫理法人会、特定非営利活動法人 ハウスキーピング協会、一般社団法人 日本ライフオーガナイザー協会、関西IBMユーザー研究会、公益財団法人 九州生産性本部、公益財団法人 関西生産性本部、岩手日報社、岐阜新聞、京都新聞社、熊日サービス開発株式会社、群馬銀行、札幌市、三重県農商部、思高建設株式会社、自治労姶良伊佐総支部、公益社団法人 芝法人会青年部会、杉並区立大宮中学校、世田谷区立桜小学校PTA、田園調布学園、信号器材株式会社、新潟県土木部、森永乳業株式会社、名古屋商工会議所、備前商工会議所、人吉商工会議所、盛岡ユースセンター、税理士法人大石会計事務所、石川県商工会連合会、藤沢倫理法人会、仙台はせくら倫理法人会、仙台歯科医師会、千葉県研修センター、かほく商工会議所、株式会社太明、株式会社大谷商会、中央税務会計事務所、中小企業同友会(文京区)、株式会社中村工務店、長野県企画部消費生活室、東近江介護サービス事業者協議会、東神楽役場、日本合板商業組合、能登町商工会、福島県保険医協会、物林株式会社、北海道新聞社、北海道造園緑化建設業協会、北海道庁、北日本新聞社、万有製薬株式会社、有限会社あんだーらいん、医療法人渓仁会、経友会(税理士法人NEXT))岐阜新聞社、中国新聞社、北日本新聞社東京支社、大分合同新聞社、新潟日報上越支社、埼玉新聞社、山梨日日新聞社、東奥日報社、北日本新聞社砺波支社、高知新聞社、平塚信用金庫、龍谷大学、日本建築学会、府中市生涯学習センター、国立病院機構 東京医療センター、株式会社井上技研、株式会社アポテックホールディングス、浦和法人会、名寄地方法人会、宮津商工会議所、北陸電力株式会社、庄原商工会議所、川崎信用金庫、 大阪商工会議所、岩倉市国際交流協会、公益社団 法人宇部法人会、世田谷区男女共同参画センターらぷらす、丹波市商工会、諏訪商工会議所、日本応用老年学会LLP、 医療法人 湧泉会 ひまわり歯科、SBC信越放送、株式会社ライフシステム、小田急百貨店小田急商業労働組合連合会、旭川倫理法人会、 有限会社 志縁塾、株式会社IHIエアロスペースエンジニアリング、品川区地域振興事業部、ロイヤルネットワーク株式会社、新居浜商工会議所、四国中央商工会議所NPO法人、ザ・シチズンズ・カレッジ、今治商工会議所、公益社団法人船橋市福祉サービス公社 、西条商工会議所、南あわじ市商工会、金光教、三重県農水商工部、あいち知多農業協同組合、みなかみ町役場教育委員会、調布市立第三小学校、竹原商工会議所、社会福祉法人桐友学園、 東京都商工会連合会、株式会社生活構造研究所、中央区倫理法人会、大口明光学園中学・高等学校、松江市立女子高等学校、世田谷区太子堂生涯学習セミナー、フジタ職員組合東京支部、フジタ職員組合大阪支部、川崎市区民協働推進部生涯学習、東京商工会議所品川支部、朝日カルチャーセンター新宿教室、朝日カルチャーセンター横浜教室、NHK文化センター浜松教室、NHK文化センター静岡教室、NHK文化センター柏教室、社団法人群馬県不動産鑑定士協会、ぶぎん地域経済研究所、因島商工会議所、赤穂商工会議所、一関市立図書館、高梁商工会議所、伊万里商工会議所、社団法人小豆島青年会議所、逗子市商工会青年部、JA筑紫、北海道中小企業家同友会、長野市商工会、熊谷商工会議所、 東京商工会議所江東支部、民主党秘書会、株式会社アイ・ポートコミュニケーションズ(解決バンク) 豊島区倫理法人会、ウォータークラブ、ミレニアムシティ ワークショップ、日野ローターアクトクラブ、 アクサフィナンシャル生命保険株式会社(ウィンタートウル・スイス生命保険株式会社)、プロフェッショナルサークルネットワーク(PCN)、ポラテック株式会社、メキキの会、株式会社コミット、一般財団法人 北陸予防医学協会、東京鉄構工業協同 青年経営者委員会

その他多数

お申込みから研修当日までの流れ

  1. お問い合わせ(メール又はお電話)
  2. 日時決定・御見積り
  3. 研修ご希望内容のヒアリング⇒研修プログラム作成
  4. 資料(レジュメ)データの送付(研修一週間前)
  5. 研修当日
  6. 請求書送付・お支払

お気軽にお問い合わせください。

Webからのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-6425-9857平日10:00〜18:00