かたづけ士 小松易ブログ

断捨離やましたひでこさんと対談しました。

断捨離提唱者やましたひでこさんの「断捨離塾ライブ」の
対談ゲストとして、出演させていただきました。
ここ8年ほど、断捨離メルマガの執筆陣として、
また毎年末恒例の「断捨離祭り」の出演者として
仲間に加わらせていただいています。
昨年12月以来となる、やましたさんとの再会に
胸躍らせての今回の対談。

ご存知、断捨離提唱者やましたひでこさん!
いきなり、撮影を始める ひでこさん!

対談のテーマは、「チーム(家族)で取り組む断捨離」。
私は、会社や組織でも片づけエピソードを、
とくに経営者やリーダーが率先垂範で片づけを自ら
取り組むいくつかのストーリーを中心にお伝えしました。

じつは今回の「断捨離塾ライブ」の趣向は、
やましたさんから私に質問。それに私が答えるというカタチ。
ほどよくリラックスして肩の力がいい具合にぬけた
やましたさんからの質問に、ここちよさを感じながら
レスポンスすることができました。あぁ、たのしや。

このようにしっかり、ソーシャルディスタンス!
ひでこさんの引き出しのうまさに、思わず熱く語る

15年前の2005年、12年勤めていた会社をやめて起業。
「掃除」は仕事になったけど、「片づけ」で仕事はまだ
微妙な位置づけでした。
やましたさんに「2つの分岐点」の話をしました。
その仕事は、「掃除なのか、片づけなのか」
その仕事は、「やってあげるのか、やれるようにするのか」
その答えは明確だったが、周りにはなかなか伝わらない。
やましたさんも私もお互い存在は知らなかったが、
その想いは同じでした。

残念ながら、収録の内容は「断捨離塾ライブ」として、
断捨離塾生のための映像として限定公開なのだそうです。
もしかしたら、その一部が10月あたりにYouTubeで公開されるかも
しれませんが、期待せずお待ちくださいね。

断捨離されたすばらしいスペースの中に際立つ絵画の前で記念撮影

意外と知られざる事実としては、
「断捨離」が世に広く知れ渡るキッカケの1冊、
「新・片づけ術 断捨離」(やましたひでこ著・マガジンハウス)
と拙著「たった1分で人生が変わる 片づけの習慣」は、
たった1日違いの発刊日だったといううれしい偶然もあります。
※2009年12月16日…拙著、2009年12月17日…「新・片づけ術 断捨離」
・・・詳細は、我が事務所にやましたさんをお迎えしての対談
が収録されたおススメのムック「断捨離BASIC」(マガジンハウス刊)
をぜひチェックしてみてください。

ひでこさん、このたびはすてきな機会をありがとうございました。
ぜひまた、対談いたしましょう!
次は12月の断捨離祭りかな。
とその前に、10月27日(火)午後に私単独でオンラインセミナーがあります。

「小松易Zoom講演会~2020年10月27日(火)開催~」
開催時間:14時~15時30分
さまざまな企業へ、かたづけのコンサルを行ってきた経験から話せる
チーム(家族)でかたづけを進める極意をお話します!
詳細情報は決まり次第、ホームページ(最新情報)とメルマガで
お知らせいたします。乞うご期待ください。

最新刊「モノと心を軽くする、私の断捨離」、
開けば「かたづけスイッチ」間違いなく入ります!
個人的には最近文庫化にもなったコチラおすすめです!
言葉の断捨離に興味がある人は超おススメです
『めんどくさい 』 をやめました。